不動産コラム

太陽光発電は屋根の形状との相性が大事

住宅には色々な種類があり、同じように屋根にもたくさんの種類があります。
多くの人は、初めから太陽光発電システムを導入することを考えていないので、太陽光発電では既存の屋根との相性がとても大切です。

太陽光パネルの取り付けというのは、1軒1軒の屋根の形状に合わせて施工が行われていきます。
業者なら下見の段階である程度の予想は付きますが、微妙な角度調整や、周りの立体物の陰に入らないように設置するなど、細かい配慮をするため同じ施工というのはほとんどありません。

屋根の形状で代表的なのは、切妻と呼ばれる2面の形や、寄棟という4面の形、屋上が平らで屋根が上を向いている陸屋根、和風建築に多く見られる入母屋などでしょうか。

設置に適しているのは屋根の1面の面積が広い切妻ですが、2面しかないため必ずしも方角が合っていないケースもあることから、寄棟や入母屋で方角が合っている面の方が効率良く発電できます。
その反面、多面型の屋根は最適な方角に設置できるパネルの絶対数が少ないので、トータルで見た時にはどの屋根でも一長一短となります。
上が平らな陸屋根の場合、好きな方角の好きな角度に設置でき、効率面では優れているのですが、角度を付けなくてはならないので架台が必須で、費用面での負担が大きいというデメリットがあります。

このように、屋根によって太陽光パネルの設置も発電効率も変わりますし、屋根の素材によっても施工費用は変わってきますので、太陽光発電に適しているかどうかの判断はしなくてはならないでしょう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.