不動産コラム

好景気はもしかして厳しい時代・・・

景気回復が本格的になるとリストラの嵐が吹き始める。

日本の景気が回復基調にあるが、
まだまだその恩恵は大企業や限られた分野のことに限られている。
そんな中、新卒の就職率も大幅に良くなり世の中は明るくなりつつある。
しかし、安心していては大変なことになる。
そんな時代には実は働く人たちにとって厳しい時代が訪れるのだ。
これは私のいる不動産業界も例外ではない。
大小零細の会社や商店の規模を問わず、
企業の景気が徐々に良くなり、
経営者にある程度資金的にも精神的にも余裕ができ、
経営的な見通しが明るくなり、
未来に向けての計画を前向きに検討し始めるようになってくると、
今がチャンスこの時期を逃しては一生の不覚とばかりに、
思い切ったリストラを積極的に進めて
考えるばかりで実行できなかった経営内容の刷新を図る経営者が増える。
実は事業は拡大にも縮小にも廃棄にも必ず大きな資金が掛かるものだ。
だから景気の悪い時には、
どんなにやりたくてもなかなかそれができないのが現実なのだ。
そうなのだ、
お金がない時には、
どんなに動きたくても一歩も動けなかった企業が・・・
長年のイライラの積み上がった経営者が・・・
あらゆる縛りから解放され思い切った整理の行動に移るようになるのだ。
居るだけで利益を生まず経費倒れの金食い虫の営業担当者や、
新米や古参を問わず働きに比べ要求ばかりが多い従業員や、
利益を生まない支社や店舗や工場を、
損失を覚悟で大胆に整理するのも実はこんな時期だ。
景気が良くなると、
お金を食うだけで役に立たないものは思い切って捨ててしまおうと考えたり、
同じ費用を掛け続けるのなら、
もっと優秀で役に立つものに入れ替えようと考えるのが経営者だ。
この時期に、どんな規模の会社でも未来を考えた結果のリストラが始まり、
こんな時には予想もしなかったような大ナタが振るわれる場合が多い。
そしてそれができないような軟弱な経営者の多くは、
次に訪れる不景気で消えてなくなるのが世の常なのだ。
景気が良くなって、
「きっともうすぐ給料が上がる」
そんなお気楽な期待で喜んでいられるのは、
その会社にとって是非とも居続けて欲しい人材だけであって、
「替えは幾らでいる」と評価されたなら、
もうその人は間違いなく入れ替えの対象なのだ。
だから、景気が良くなり始めたら、
よっぽど自分の実力と実績に自信のある人を除き、
「同じ給料を払うなら自分よりもっと役に立つ人材が見つかる筈・・・」
自分で考えてもそう思えるようならば、
きっと貴方はリストラの対象になる可能性大なのだ。
景気が良くなり始めて会社に「余裕ができ始めたな・・・」と、
もし感じたならば、
リストラされないように今まで以上に頑張らなくてはならない。
好景気は、
しっかりと働いて会社に欠かせない存在にとっては喜ばしい時代だが、
会社にとって、
できれば入れ替えたいと思われている存在にとっては厳しい時代なのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.