不動産コラム

当たり前のことだと笑いなさんな

幽霊が出る訳でもあるまいに、
常に空室が多く経営の成り立たない収益物件。
もしかして福の神が住み着いているのか、
空いてもすぐに次の入居者が決まる人気物件。
その差はなんだろうか・・・
どんな不便な地域でも
大概の新築物件が一回は満室になるような時代はすでに終わった。
溢れる空き物件に借り手は選択肢が増える一方だ。
貸し手市場から借り手市場への移行が言われてから既に久しい。
それでも都心や人気のある地域の収益物件は買い手が溢れているらしい。
ま、誰が買うのかも購入の目的も様々で、
これが実需なのかいつまで続くのかも実は分からない。
収益物件の経営・・・つまり大家業は昔と違って難しい商売になった。
さて、40年近く経営者として、
そして不動産業者としても様々な物件を見続けてきて、
もし私が大家さんとして賃貸物件を持つのなら、
こんな物件が欲しいなと感じるパターンが幾つかある。
勿論、物件が良ければどんなに高額でもいいと言う訳ではない。
限られた予算でどれだけ長期間に渡って
安定して家賃収入を確保できるかを考えると、と言うことだ。
例えば築30年も経つのにいまだに入居者に困らない賃貸住宅。
築40年も経つのに出たり入ったりこそあるが常に借り手のある貸店舗。
そんな物件のセールスポイントは、
例えば住宅であれば最寄駅まで10分くらいの徒歩圏、
環境が良く日当たりが良い。
貸店舗で言うならば、
立地がよくスペースも広すぎず狭すぎず・・・
隣も向かいもそれなりに続いているまあまあの繁盛店。
当たり前のことだと笑いなさんな。
例えば一言で言えばそんな表現になるが、
見てみなければ理解できないのが物件の良さであり悪さだ。
誰が見ても立地は良いのに
貧乏神が巣くっているようにしか考えられない荒んだものもあれば、
古いのになぜかお金に縁のありそうな物件もある。
こんなことを言ったら怒られるかもしれないが、
凄い美人なのに何故か良縁に恵まれない人もあれば、
どちらかと言えば不細工なのにやたらといい男が寄ってくる女性のような・・・
私が思うに物件の良さと言うものはそんなものだ。
いや失礼・・・
現実にそこの物件に入居する人がみんな良くなって転居していくとか、
そこで商売を始めた人がみんな良くなって出て行くとか、
全員が全員でなくともそんな物件は意外にあるものだ。
大家さんとして所有して安定した家賃収入を確保し続けたいならば、
もしかしてこんなところにも及ぶ選択眼は必要なのかもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.