不動産コラム

日本の好景気はいよいよ本物に向かっているように感じる

日本の好景気はいよいよ本物に向かっているように感じる。
企業の好業績やそれに伴った投資の積極的な流れは強くなりつつあるようだ。
しかし輸出も大切だが何と言っても景気を押し上げるのは内需の拡大だ。
お金持ちが高価な買い物をするのも勿論必要なことだが、
やっぱり何と言っても我々一般市民が、
”よく働き、よく稼ぎ、よく使い、よく貯める”
この循環をしっかりと創り上げることが大切なことのようなのだ。
確かにまだまだ給料は上がらないのに物価は上がる一方。
入るものが増えずに、
出るのだけが増える一方ならば、
出るものを抑えるのが当たり前のことではあるが、
ここは景気回復の流れができれば入るものも増やすことが可能になる。
今こそ我々日本人は
辛抱の時代に決別して「もっと稼ぎたい!!」と強く思うことが必要だ。
微力ながら私も
”よく働き、よく稼ぎ、よく使い、よく貯める”をしっかり実践したい。

理屈じゃないよ!やってみなけりゃ分からんでしょ  その⑪
死ぬまでできる趣味って言ったらやっぱり釣りでしょ?

私の一番の趣味である釣りも、
実は年代と体力によってその場所や対象魚を代えざるを得ないようだ。
体力の有り余っていた若い頃は、
たった一人で山登りや谷渡りをしながらの渓流の釣りが楽しかった。
これは一番ハードな釣りで年齢とともに場所を選ばなくてはならない。
若い頃は、その時代の流行の釣りにも敏感で、
流行し始めていた東京湾のフッコのルアー釣りに毎週のように一人で通い、
荒れる海で釣り船の舳先に立ち、
フッコやスズキを狙ってルアーをキャストし続けたものだ。
これも今考えればとてもハードな釣りで、
足腰を鍛えるのにはとても役に立った。
60代になった今はと言えば、
ヤマメやイワナを狙って険しい山を登り渓流を歩く釣りはしなくなったが、
その代わり湖でマイボートを繰ってサクラマスやレインボウトラウトを狙うようになった。
荒れる海で釣り船の舳先に立ってルアーをキャストすることは無くなったけれど、
今は釣り船に乗ってマハタを狙って海が荒れても立って釣りを続ける。
釣り船では殆どの人が座って釣りをするが、
私には拘りがあって周りがみんな座っても自分だけは立ち続けて釣りをする。
荒れた海の船の上で6時間も立ち続けるのは結構ハードだが、
そこは若い頃から鍛えた足腰があるからまだまだいけるのだ。
今ならばまだ、
まだ若かったころにやっていたことをやってみることも
事故に注意しさえすればそれほど無理でもないだろう。
しかし、さて、これから5年後・10年後に、
今やっている湖のトローリングと、
海のマハタ釣りができているかと言えば、
それはちょっと予想がつかない。
20年来の釣友は私より10歳も年上だが、
日ごろからトレーニングをして体を鍛えているので、
「病気をしたことがない」と豪語するほどで今でも現役バリバリだ。
彼はまだこれから先も10年くらいは大丈夫だろうか・・・
しかし、私はと言えば・・・
できればなんとかあと10年はこのままで…と言うのが私の考える理想だが、
とてもじゃないが彼のようにはいきそうもない。
今やっているその釣りができなくなったらその次は・・・
恐らくその頃には仕事も引退しているだろうから、
当然のこと住まいが遠くへ移っても一向に構わないだろうか・・・
月並みではあるが、
できれば海辺や湖畔の小屋を買って、
気の向いた時にいつでも釣りができる環境を作るのが理想的だと思う。
釣り好きの高齢者の誰もが夢見るのがこんな終の棲家だ。
釣りと言う趣味には、場所や対象魚、
その釣り人の好みや使える時間や体力や予算によって、
なにしろとても多くの選択肢があるのだ。
70代になってそれも体力的に辛くなったら、
近場にヘラブナ釣り堀でもある所へ引っ越して毎日ヘラブナ釣りでもやるか・・・
それとも多摩川の近くに引っ越してコイでも釣るくらいしかないのかな・・・
対象魚や釣り場は変化してもそれでもやっぱり釣りは楽しい。
それにしても何と言っても永ーくやれるのが趣味としての釣りのいいところだ。
私は釣りと言う趣味が持てたことにいつも感謝していますよ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.