不動産コラム

日本の誇れる先進的な知恵と技術は工業分野だけではない

温暖化による
海水温の上昇や下降の変化が海を変えている。
今年もイカの記録的な不漁が漁業関係者のみならず
飲食店や加工業者の経営に影を落としているようだ。
毎年のようにマグロだったり
カツオだったり
サンマだったりと、
不漁の情報が次々とニュースで流れる。
原因は本当に台湾や中国や韓国の漁船による乱獲なのか、
それともいまだに日本の漁船が乱獲を続けているからなのか。
それとも海流や海水温の変化による漁場の変化なのか・・・
その情報の真偽はまだ断定はできないようだ。
もしかしたらその原因は複数かもしれないし、
もしかして突き詰めれば
結局本当の原因はたった一つなのかもしれない。
いずれにせよ限られた資源を
乱獲で未来の分まで捕ってしまうのは漁業関係者の悪い癖だ。
魚をあまり食べなくなったと言われる日本人だが、
現実にはやっぱり魚が買えないと困る。
最近激しくなった好漁や不漁のメカニズムが
もっと明らかになればいいが、
漁業資源の争奪戦が
国家間の紛争につながるようなことがあってはいけない。
現実問題として地球の人口が増え続ける現在、
何もしなければ海の魚は減り続けいつかは枯渇してしまう。
それはもう限られた地域では現実に起こっているのだ。
完全養殖や養殖や蓄養の技術の深化と、
漁業でも先進国である日本が、
山や森を守って海を豊かにする考え方とか、
沢山獲る漁業の技の次に、
養殖や漁場を守り育てる技術を
世界に向けて広めることの必要性が認識されつつあるようだ。
養殖と言えば先日のネットの記事では
寿司や刺身の日本食人気で
世界中で需要が増え続ける生で食べられるサーモンを、
陸上の水槽で養殖する技術。
養殖に使う水槽の水に人工の海水を使い
ほとんど入れ替えずに
濾過してバクテリアの力で水中の毒素を分解する
最先端の”閉鎖循環式陸上養殖”というシステムだ。
日本の誇れる先進的な知恵と技術は工業分野だけではない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.