不動産コラム

昔の大ヒット映画の続編が、今、面白い

この年末からまた世の中が動き始めたようだ。
この動きがどこに影響がどのくらいあってどう変化が始まるのか・・・
これからの予想は専門家と言われる諸氏によって様々だ。
さて、その結果、巡り巡って日本の景気はどうなるのか・・・
そして我々の懐はどう変化をしていくのか・・・
またまた、「来年のことを言うと鬼が笑う」という時期になった。
2016年は何が起こるのか・・・様々な憶測が飛び交う。
さ~て、備えは怠りないか。

<<ネットの記事の抜粋>>
中国市場の死は、きっとサドンデス(突然死)として訪れる。
その日を指をくわえて待つのではなく、もう動き出したほうがいい。
中国人観光客による「爆買い消費」もそろそろ終わる
マカオの悲劇とは、中国からのVIP客で沸いていたマカオが、
中国経済の失速などで客足が途絶え、収入の激減が止まらないことを指す。
その実態は凄まじく、
マカオのGDPは7-9月期が前年同期比で約24%減、4-6月期も約26%減と、
一経済圏のGDPを大きく揺るがすほどになっている。
コマツが10月末に投資家向けに作成した資料には、
主力商品である建設機械の需要が「半減」したという衝撃の実情が記されている。

・・・・・・・・
昔の大ヒット映画の続編が、今、面白い。
数十年前の第一作目はデジタル技術のない時代。
それが今は何でも作り出してしまうデジタル技術で不可能がない。
昔は映像化不可能と言われたような原作が、
デジタル技術ですべて現実と区別のつかない映像になってしまう。
ここまでくるともうストーリーの秀逸なものしか大ヒットにはならない。
最近の続編はというと、
ゴジラ
マッドマックス
スターウォーズ
ターミネーター
インディペンデンスデイ
特に来年公開のゴジラは今回、
ハリウッド版ではなく待ちに待った着ぐるみを卒業した本家日本版だ。
アイドルのゴジラではなくリアルな恐怖を描いてもらいたいが、
これは結構期待ができそうだ。
マッドマックス4作目は、
続編が当たりはずれのあるシリーズ物の中で、
1作から3作目までの監督なので俳優は交代しても
作品全体が旧作と同じ雰囲気を醸し出すことで期待を裏切らなかった。
スターウォーズは全く心配をしていない期待作。
監督もいいし間違いなく面白いだろう。
ターミネーター5作目は何でもありの
”過去を変えて未来で勝て”のルールなしのこれまで通りのストーリー。
これならヒットして採算が合っている限り何作でも作ることができる理屈だ。
ちょっとあきれる場面もあるが面白さはいまだに続いている。
インディペンデンスデイも更にスケールアップしたことだろう。
続々と制作される過去の大ヒット作。
しかし、その大ヒット作には必ず大スターが存在した。
歴史劇にはチャールトンヘストン。
アクションにはアーノルド・シュワルツネッガー。
その大スターがちょっと不在気味になっているのが不安ではある。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.