不動産コラム

昔は「不動産屋さんはお金持ち」誰からもそう言わたものだ

梅雨らしい雨の日が続き
我が家でも乾かない洗濯物でいっぱいだ。
季節の変わり目と世界経済の潮目の変化・・・
平穏な安定もいいが、
大きな変化にはちょっとした隙間から必ずチャンスが顔を出す。
しかし、チャンスと背中合わせに
危機や落とし穴が常にあることを忘れてはならない。
経営者も40年近くやっていれば
いつの時代もこんな変化の時代を生き抜いてきた。
今もまた我々不動産業界でも、
これまで以上に格差は広がり続けている。
不動産業界と言えば、
昔は「不動産屋さんはお金持ち」
誰からもそう言われる業種だった。
しかし、今の時代、
”お金持ちの不動産屋さん”と
”自転車操業の貧乏な不動産屋さん”に二分されるようになった。
それでも今の時代もお金持ちの不動産屋さんは結構多く、
その多くが家賃の入る収益物件を沢山持っているようだ。
時代とともに不動産屋さんもその姿と内容が変化しているのだ。

このところ不動産がまた動き始めているようだ。
八王子のめじろ台にある当社でも、
低額物件偏っていた売買物件の取引が、
徐々にではあるが高額物件の取引が増え始めている。
不動産の仲介業は低額物件ばかりでは干上がってしまう。
低額物件も高額物件も取り引きに掛かる手間や経費も同じだから、
低額物件ばかりでは忙しくても経営は苦しくなってしまう。
景気低迷で不動産の物件価格が下がる一方だった八王子地域も、
ようやく値下がりが止まった感がでてきたようだ。
しかし、不動産の価格が下がれば
売買の件数も増えるのがこれまでは普通だったが、
今の日本の景気ではその件数を大幅に増やすのは至難の業のようで、
都心以外の不動産業の経営は暫くは厳しいようだ。
低額物件と言えば、
東京はまだまだ恵まれているようで、
北海道などでは土地の価格は坪あたり数万円の物件ばかりだ。
流石に建物の価格には差はないが、
土地だけの取引では総額がとても低いのが当たり前のことなのだ。
だからそういう地域での不動産業は東京とはまた違った苦労があるようだ。
ま、そう考えれば低額物件とは言っても東京の物件の金額は大きい。
しかし、不動産業経営の経費や給料が北海道よりも高くつくのも現実で、
地域によって経営の内容や利益の出し方には大きく違いがあるようだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.