不動産コラム

本当に欲しいのはどれ? ②家は大は小を兼ねる

夢がかなって大きな家に住むことができれば、
きっと気分も大きくなる。
「天井の高い家で育つと大物になる」
なんてコマーシャルが昔あったかな・・・
成長期や発展期にある年代では広い家に住むことは決して無駄ではない。
しかし、それなりの年齢になり、
苦労して育てた子供はみんな独立して家を出た。
その頃になると、
きっと、大概の夫婦が家の広すぎることに負担を感じるようになる。
先進国として成熟した今の日本の社会では高齢化が進み、
最近は減築と言う言葉をことをよく聞く。
子育てを終え夫婦二人だけになってしまったら、
必要以上に広くなってしまった住まいを見直すということだ。
今の生活に不要な広さを避け必要なだけの建物に改築をすることらしい。
建物は小さくすれば、
それだけ暖房や冷房をする面積も減るから、
結果、光熱費も抑えられる。
ま、トイレは2つが1つになっても水道代は殆ど減らないのかな・・・
年月が経てば必要になる補修や修繕も、
面積が少なければそれだけ費用を抑えることができ維持費は抑えられる。
その面だけで見れば確かに良いことづくめだが、
実はイザ売却する段になったら、
間取りが足りない等の理由で購入する人の数は減ることを忘れてはいけない。
夫婦二人には2LDKもあれば十分な広さだが、
子育て中の若い家族にはそれでは部屋数が足りないのだ。
販売戸数の多い一戸建て新築分譲住宅を購入する年代の人は、
この子育て中のファミリーの場合が多く、
殆どの間取りは3DK以上3LDKや4DKだと言うことからもそれが分かる。
自分の人生を振り返ってみれば当然予想がついたことで、
なかなか悩ましいことである。
だから、家・不動産が広すぎる大きすぎると思うようになったら、
余程その家や土地の不動産に特別な愛着がない限り
無理に費用を掛けて減築などせず、
小さ目なマンションにでも住み替えた方がいいのかもしれない。
予算があれば中古のマンションを購入して好きなように作り変えてしまうのもいい。
出来上がった間取りから選ばなくてはならない新築マンションを買うより、
程々の中古マンションを買って隅から隅まで自分の好みに改築してしまうのもいい。
上下左右の他人の生活音が気にならなければ、
老後は好きに間取りを変更し温かく改造したマンション住まいが楽でいい。
最近は地球温暖化の影響で様々な異常気象や気候の変化が起きている。
昔は夏涼しく冬に殆ど雪も降らなかったような地域で、
夏は猛暑の日が長く続き、
冬は大雪で極寒の日を2か月近く耐えなければならなくなってしまった。
10年前にそれなりに考えて建てた家も、
年齢を重ねて思った以上に暑がり・寒がりになれば、
必ず今の家に断熱性能の不足を痛感するようになる。
若くて勢いがあり向上心が旺盛な時代には、
自分の収入で買える最大限の大きな家に住みたがるのは普通のことだ。
でも、60代になって夫婦二人で暮らすのに4LDKや5LDKは要らない。
大変な思いをして毎日掃除をする奥さんのことを考えれば検討する必要がある。
大き過ぎる家は冷暖房も大変だ。
「大は小を兼ねる」というけれど「無用の長物」と言うのもあるぞ。

八王子めじろ台 センチュリー21金子不動産 公式サイト不動産情報コラム

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.