不動産コラム

本当に欲しいのはどれ? ④高齢者は大きなテレビが好き

大のテレビ好き・映画好きの私の家には、
夫婦二人きりの住まいだと言うのに5台もテレビがある。
大型が2台と中型が2台、そして小型が1台。
さらに録画用HDプレーヤーは
1テラサイズ中心のブルーレイやDVDのレコーダーが4台ある。
そして我が家のレコーダーは昼夜を問わず予約録画機能が働いている。
しかし今の日本ではこんなのは驚くにあたらないだろうな・・・
私が子供の頃は
居間に置いた一家に1台きりのテレビを家族みんなで見ていたものだ。
そのうち子供が育つにつれそれぞれ見たい番組が違ってきたりして、
家族が多ければチャンネル争いで兄弟喧嘩が絶えなかったものだ。
それが各部屋に1台が普通になってチャンネル争いは過去のものになった。
白黒のブラウン管から、
カラーのブラウン管へ。
日本のメーカーのブラウン管テレビは世界を制覇した。
そして、液晶テレビの時代が訪れ、
そこでも日本のメーカーはトップを走っていたが、
韓国や中国のメーカーとの価格競争に巻き込まれ敗退。
結果、この数年で不毛の価格競争からは離脱した。
アジアやアフリカ等の途上国ではまだ低価格のブラウン管テレビが残っているが、
日本国内ではもう既にブラウン管テレビは製造していないし売ってもいない。
車もそうだが、
テレビの技術の進化は凄い。
電気を沢山食ったブラウン管のテレビから省エネの液晶テレビへ。
液晶もバックライトがLED化でさらに省エネへ。
そして高精細の技術はさらに進みまだ価格は高価だが普及し始めた4Kテレビ。
さらに次は8Kテレビが後に控え、その先の開発も進んでいるようだ。
しかし、一般家庭ではそんなに高精細の映像が必要かと言うと、
人間の目が追い付いていないんではないかと疑問が残る。
ま、私も最近は近眼と老眼に悩まされているから、
実は細かいところは観えていないかもしれないけれど・・・
それから一時期話題になった3Dなんかは、
いつの間にかテレビにもレコーダーにも当たり前に付くようになっていたし、
レンタルの映画ブルーレイには3Dバージョンも並ぶようになった。
昔、無理して買った出始めの50インチのブラウン管のテレビは50万円もしたし、
何といっても大きくてピアノ並みに重量もすごかったし電気も大食らいだった。
だから置き場所だって、
家・不動産が古ければ床を補強しなくてはならない場合さえあったものだ。
しかし、今はLEDの液晶テレビなら、
50インチあっても一人で持って運べる重さしかない時代だ。
パソコンが一人に一台の時代。
若い世代ではパソコンでネット経由の映画やテレビドラマを見るのも普通になった。
電車ではスマホでゲームやテレビを見ている人も珍しくない。
テレビも使い分けをする時代になって、
キッチンには小型、
寝室には中型、
リビングには大型・・・
最近はプロジェクターの大型画質も高精細になって映画を見るならこれもいい。
しかし何といってもスマホの小さなディスプレーでダウンロードした映画を見るのが、
当たり前の時代になってしまったのが大きな変化と言ってもいいかもしれない。
テレビも用途や場所で大きさや画像の精度を選択する時代になった。
でも、我々の世代にはできれば映画を見るのは映画館だという気持ちが強い。
だから自宅のテレビもやっぱり大画面が好みだ。
やはり小型のディスプレーで観る映画は何とも物足りない。
私の年代はやはり大型の画面でなきゃ満足できない。

八王子めじろ台 センチュリー21金子不動産 公式サイト不動産情報コラム

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.