不動産コラム

物事はなるようになるものだ

人間なら誰でも生きていれば嫌なことや悔しいことはあるものだ。
時によっては殺したくなるほど怒りを感じることもあるだろう。
日本では最近やたらと殺人事件がニュースで流れるが、
ニュースの扱いが派手なだけで
この時代だからと言って大幅に増えているわけではないようだ。
銃社会のアメリカでは交通事故と同じくらいに銃での殺人があるらしい。
人の暮らしも考え方も欧米の影響を受け続けている日本に
もしアメリカと同じように銃が氾濫したらやはり殺人は増えるのだろうか。
恨みや復讐の連鎖は止まらない。
もし恨みの連鎖を止める術があるとすれば
それは許すことしかないのだと言われる。
どんな宗教でも許す心が貴いとされている筈だが、
宗教さえも恨みや復讐の道具にする今の世の中には争い事が絶えない。
そんな極端な例は別として一般社会で起こる争い、
それは誰もが自分が有利なように物事を進めたがるからで、
国と国であったり、
政党と政党であったり、
企業と企業であったり、
商店と商店であったり、
社員と社員であったり、
家族と家族であったり、
誰かと誰かであったり・・・・
書き出したらきりがないだろう。
私の年代になって感じ始めることなのかもしれないが、
物事は無理に思う方向へ進めようとせず、
自然にそうなっていくのが最も望ましいことだ。
よく言われる
「物事はなるようになるものだ」と、
ある意味では通じるものがあるかもしれない。
勿論、投げやりや他人任せでいいと言うことでは決してないし、
放っておけば良いようになるということでもない。
もし望むことがあるならば
それに関わるそれなりに納得のいく選択肢を幾つも考え、
自然な流れのなかでその選択肢の中のどれかに落ち着くのが最も抵抗が少ないのだ。
若いうちは誰でもその選択肢を無理に絞り込みがちだが、
ある程度の年齢になったら
積み上げた経験値からも
その仕上がりの選択肢を様々な形で幾つも用意することが出来るはずだ。
積み上げた様々な経験値や、
世の中にあるデータや歴史から殆どの場合は幾つかの結末を想定できるものなのだ。
だからその選択肢のどれかに落ち着くように無理なく導いていくのが一番いい。
たとえそれが時間を要するものであっても辛抱は決して悪いことではない。
その最終的に行き着くであろう仕上がりの選択肢を幾つ持つことが出来るか、
それに落ち着くまで争わず辛抱強く見守ることが出来るか、
世の中で全ての人にこれから求められるのはこんな能力だろう。
その選択肢のどれかに導く力を一つの言葉で表現するならば、
ある意味では戦略であろうか。
政治にも経営にも人生にもある意味で戦略は欠かせないものなのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.