不動産コラム

瑕疵担保(かしたんぽ)責任

瑕疵とは、本来の性能を発揮できない状態のことをいい、不動産においては、例えば地盤沈下で傾きがあって土地や住宅が使用できない、購入してみたら雨漏りが酷くて住めないといった不具合等のことです。
これらの中で、常識の範囲内で注意を払っても事前にわからない内容を「隠れた瑕疵」と呼び、瑕疵担保責任とは隠れた瑕疵について売主が責任を負うことを意味します。

瑕疵担保責任は、売主が瑕疵について過失があるかどうかを問わず、買主は損害賠償や契約解除を請求することができます。
要するに、売る前に知っていても知らなくても、欠陥の責任は売る側にあるということですね。

瑕疵担保責任は当然に買主を守るためにありますが、売主側から見ると、不動産を売却してからずっと瑕疵担保をしなければならず、それは売主にとって大きな負担となります。
そこで、瑕疵担保責任は、売買契約の中で特約として免責したり、期間を決めて責任を負うとする場合が多くあります。

ところで、隠れた瑕疵ではなく売主が知っていた瑕疵の場合はどうでしょう。

売主が知っている瑕疵を、買主に告知した上で契約がされているのであれば、瑕疵を知っていて買った買主は、売主に責任を追及できません。
しかし、売主が知っている瑕疵を隠して売却した場合、買主は瑕疵担保責任の特約に関わらず、瑕疵を発見してから1年間という民法の規定に沿って責任追及が可能です。

瑕疵担保責任にはこうした性質があるため、不動産売却時には知っていることを全て買主側に情報として渡すのが、トラブル回避に有効です。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.