不動産コラム

競売物件に興味深い物件が少なくなった

今年に入ってから、競売物件に興味深い物件が少なくなった。
好景気・不景気に関わらず世の中の経済活動か続く限り
競売物件が無くなることはないだろうが意外に数や内容の波の差は大きい。
私のように小遣い稼ぎに年間数件程度の競売物件に関わっている人間にとっては
それほどの大きな痛手はないが、
競売関連の取引に売上の依存度が高い不動産業者にとっては厳しい時代だ。
昔は競売は特殊な業界でそれに関わる不動産業者はある程度限られていたが、
一般の購入希望者が簡単に競売物件の入札をできるようになった現在、
魅力のある物件は多数の入札で競争が激しくなるから当然のこと価格が上がる。
特に中古マンションのリノベーションが当たり前になった最近は、
立地の良い中古マンションは取り扱う業者も一般の個人入札者も大幅に増え、
十分な儲けの出るような割安な価格での落札はとても難しくなったのが現状だ。
随分以前から住宅ローンの超低金利が続くなか、
手持ち資金も殆どなしで新築物件を購入する場合も珍しくなく、
ここしばらく住宅ローンが払えなくなって競売になる戸建築浅物件が増えていた。
しかしこのところそんな物件も減ってきているようだ。
任意売却に流れている例も増えているようだが、
景気回復と不動産の売れ行きの回復で暫く競売物件が減少する可能性はある。
競売は、言ってみれば、この世の中の必要な経済活動ではあっても、
他人の不幸が前提にあっての取引だから、
実は増えるのも減るのも何とも痛ましく悩ましいことではある。

理屈じゃないよ!やってみなけりゃ分からんでしょ  その④
若い頃にできなかったことをやる。

それなりの年齢になり自分なりにゴールが見えてきて、
あらためてこれまでの自分の人生を振り返ってみると、
怖いもの知らずで若かったからこそできたこと、
若かったからやってしまった取り返しのつかない失敗の数々。
幾つになっても忘れ去ることのできない青春の蹉跌は、
誰の人生にも重く深くのしかかって存在し続けている筈だ。
反省や後悔があってこその人間の成長だろうからこれも当然のことだろう。
さて、その蹉跌を重く暗く、
死ぬまで背負っていかなければばらないものと捉えるか、
今の自分を創り上げるのに必要不可欠な経験であったと考え、
自分の中で正当化して前向きに割り切るかどうかは人それぞれであるが、
実はその選択は思った以上に人それぞれの人生に大きな影響を与えている筈だ。
結局、人それぞれ、自分の人生は自分だけのものとして創っていくしかない。
さて、60代にもなると、
その生き方の選択の結果が
恐ろしいほどにそれぞれの人生にハッキリと表れて見えるようだ。
人それぞれの人生、
いいか悪いか、
誇りたいほどに良かったのか、
他人を呪いたくなるほど酷かったのか・・・
しかし、60代にもなって、
今さら自分の人生を他人の人生と比較したりするような愚行だけは避けたいものだ。
さて、ここまで来たら今の自分をそれなりに認めて、
悪いところもそろそろそれなりに許してやって、
残りの人生をできれば精一杯楽しく穏やかに送りたいものだ。
さて、自分も含めて世の中の一般的な60代は、
「もうちょっと若ければやりたいんだけど・・・」
なんてことを言いたくなることが意外に頻繁にあったりする。
「俺がもっと若ければ、あの子を口説くんだけどね・・・」
なんてのは、飲み屋でジジイが集まればよく出てくる話だろう。
尤も、口説けるかどうかは、
本当は年齢だけでは決まらないことを殆どの男は分かっているのかどうか・・・
今となれば確かに若いことはやっぱり羨ましいことだけれど、
例えば今は金銭的にも時間的にも余裕のある年代の我々が、
若い頃から今ほどに
何でも好きなことができるほど時間とお金を持っていた訳ではいないことは確かだ。
「体力と意欲はあるんだけれど・・・」と、若い頃は言い訳をした。
では、今ならば若い頃に持っていなかったものがすべてあるのかと言うと、
あるのは精々、
あり余る時間と少しばかりのお金と、
”臆病になる素”と”言い訳の素”になる失敗の積み上げの経験値だけだろうか・・・
しかし、大概の人はここで
「体力が欲しい」とか、
「若さが欲しい」とかの無いものねだりを始めるから話が難しくややこしくなる。
だから、見るに堪えないような厚化粧や、
誰が見てもすぐに判ってしまう頭髪の偽装を始める人が増えて困るのだ。
それぞれ化粧品やカツラのメーカーの繁栄があるんだからそれはそれでいいし、
ま、他人に迷惑を掛けないならば何でも好きなことをやったらいいんだが、
やっている方も実は苦しいんではないかと心配してしまう。
かく言う私だって、
殆どなくなってしまった髪の毛が「あればいいのに・・・」と思わないとは言わない。
しかし、今さらカツラで偽装しようとは思わないし、
その手の場所に通って髪の毛を増やして表彰してもらおうとも思わない。
結局、「ここまで来たらこれでいいじゃん」と、
2年ほど前からバリカンで3ミリの丸刈りにしてしまった。
バリカンなら10分1000円也の安い床屋さんへ行けば十分だから、
気が向いた時にいつでも行ける。
どこの床屋さんに行っても
「3ミリの丸刈り」と、一言で注文の用が足りるのだから何とも楽でいい。
床屋さんの腕がいいとか悪いとかの不満が残ることも殆どないのも有り難い。
そのうちバリカンを買って自分で刈ってしまうようになるかもしれない。
このバリカンの丸刈り、
これがやってみると実に勝手が良い。
洗髪にシャンプーは使うがリンスは要らないし、
割り切ってしまえば顔も頭も境界を持たず石鹸で洗ってしまってもいい。
朝などは濡れタオルで拭いてしまえば洗髪したように綺麗さっぱりだ。
考えてみれば、
これも若い頃にはできなかったことの中の一つかな。
ちょっと人相の悪い不動産屋さんが丸刈りにしたんでは
その世界の怖い人と間違われてお客が寄り付かなくなる可能性があるが、
私の場合、自己評価ではそれほど気にしなくてもよいようだから助かる。
この顔に産んでくれた親に今さらながら感謝だな。
何?若い頃にできなかったことってそれだけかって?
今さら若い頃にできなかったこととか、
今だからできることとかなんて比較して考えなくったって、
今やりたいことで、
現実的にできることを何でも思い切ってどんどんやればいいんじゃないの?
今やりたいことが今やるべきことだと考えたい。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.