不動産コラム

経営者なら誰にでも度々訪れるであろう「今は我慢の時」

長年一つの商売や会社を続けるのは並大抵のことではない。
自分の周りを見回してみてください。
5年前と変化はありませんか?
10年前とはどうですか?
さて、その中でも、
廃業するお店や会社も多くあれば、
新規開店が比較的しやすいこともあって総数は大きく減らないのが不動産屋。
閉店と新規開店がが多いということは新陳代謝が激しいということ。
不動産会社の50%は10年もたずに消え去ると言われていますが、
年々さらに厳しさを増すこの時代、
ここまで来たらいっそのこと
「100年企業を目指すなんて言う大法螺を吹くのもいいかも・・・」
能天気にそんなことを考え始めると、
さて、どんな条件を整えれば
本当にそれが可能になってくるのかを真面目に考え始めてしまうから困ったもんだ。
さて、安定経営ってのはいったい何なのか。
雇用の安定とは。
収益物件の必要性。
業務内容の時代に即した変化とは。
あらゆる業種を見渡して、
株式会社は30年でその99.98%が消えると言われ、
例え1000の会社が生まれたとしても、
なんと30年後にはほぼ10社も残っていないというのが現実らしい。
数字だけ見ると50年・100年生き残るのは殆ど不可能と言ってもいい。
そして、最近は企業を取り巻く環境激変の中、
企業生存率がさらに下がってきていると言うからやっぱり実現は絶望的か・・・
さらに他のデータでは設立5年で約85%の企業が廃業・倒産し、
設立10年以上存続出来る企業は6.3%。
設立20年続く会社は0.3%。
設立30年後に残っている会社は、
たったの0.025% しかいないという統計も出ているらしい。
基にするデータがほぼ共通しているのか、
同じような数字だが
1000の会社のうち、3つの会社しか生き残っていないということだな。
いつの時代にも新規に事業を立ち上げる人はいるけれど、
10年生き残ることさえも厳しい時代になってきたのですな。
会社が続くためには、
安定した収入。
無駄のない人員配置。
借り入れの削減。
時間をかけて収益資産の形成。
その他にも幾つもの条件を常に揃える努力を続けているのが経営者と言う生き物。
そして誰にでも度々訪れるであろう「今は我慢の時」
どんなに世間から成功者とみられている経営者にも
必ずあるのが何度も何度も繰り返し経験する苦難の時代。
どんな成功者でも最初から終わりまで順風満帆の満点経営者人生なんてものはない。
それは過去だけではなく現在も未来にも必ずあるもの。
その時期をその度に乗り越えてこそ見えてくるのが
20年後・30年後、そして50年後。
例え周りからはそうみられることはなくとも、
実は「今は我慢の時」と、じっと我慢の時を過ごしている時があるものなのです。
そう、もしかしたら今もそうなのかもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.