不動産コラム

経営者にとって学ぶことの多い内容が沢山詰まっている

大河ドラマで今、話題の真田一族。
私はHD録画機で只今毎週録画中。
1年分全部をとり終わって、
ブームが去りみんなが忘れ去ったころに
まとめて観て一人で悦に入ろうと思っている。
流行を追うような思考傾向は持っていないし
ブームに乗ってみんなの話題に入っていきたいとも思わないのが元々の私の特徴だ。
さて、その物語の中には
経営者にとって学ぶことの多い内容が沢山詰まっている。
最も良く知られているのが、
関が原の対戦で東西両軍に親兄弟が分かれて真田家の存続を目論んだ戦略だ。
東西両軍のどちらが勝っても負けても必ず真田家は生き残ることが出来ると言う訳だ。
現代では、小さな会社が破たんする大きな原因の一つに、
100%の下請けであったり、
下請けではなくとも、
限られた1社・2社の得意先の売り上げに依存し過ぎた場合がある。
その会社への依存度が高すぎると、
何かの理由でその会社の売り上げが減れば即死活問題に繋がってしまうのだ。
これはそんな例に限らず、
商いの内容を特化し過ぎて変化に飲まれてしまう場合も同じだ。
不動産業でもそれはよく見られる。
建売専門。
開発専門。
買い取り専門。
仲介専門。
賃貸専門。
店舗専門。
管理専門。
知られている例を挙げるだけでも不動産業には様々な商いの種類がある。
一般的にはチャンスさえあれば
「何でも、どこでもやります」が不動産屋さんの商いなのだが、
時代は変わりスピードが重要な現在は、
夫婦や一人二人でやっている不動産会社ではどれでも対応できるとはいかない。
そこで経営者の手腕が問われるのだ。
例えばどこにでもある駅前の一番店。
誰が見てもこの駅ではこの不動産屋さんが一番だろうと感じるような、
立地が良くスタッフの数も多い不動産店では殆どの場合、
この様々な不動産の商いをどれでも対応できるような態勢が出来上がっているものだ。
こんな会社ならばどんなに時代の変化があっても、
その都度、一番儲かる分野に資金とスタッフを余分に充てることが出来る。
勿論、次にまた訪れる時代の為に
その他のちょっと売り上げの減り気味の分野もしっかりと維持していくのだ。
つぎにどんな時代が待っているかなんてことは誰にもわからないものだ。
しかし、「時代は繰り返す」
これまでの経験から様々なパターンの想定はできるのだ。
店舗や会社の規模の大小を問わず、
どんな時にも決して一つには絞り込まないところに生き残りの秘訣があるのだ。
さて、当社は創業40年。
この業界ではちょっと自慢できるくらいに
長いこと生き残ってきた従業員10名ほどの零細企業だが、
オーナー経営者である私が駅前の最高立地に会社で使用する為に店舗を所有。
どんな時代の変化にも動じたことのない安定経営を維持している会社で、
さらにここで年内に2度目の無借金経営の達成をする。
私が考えるにこの時代の、
さらにこの時期の無借金経営達成にはとても大きな意味がある。
経験からも世の中の変化が激しいこの時代に、
無借金ほど経営者にとって強い味方はないのだ。
金子不動産は様々な戦略でこれまでも不況と言われる時代に業績を伸ばしてきた。
しかし、まだこれで満足をしているわけでは勿論ない。
これを境に気持ちを切り替え、
厳しく思えるくらいの仕切り直しをして経費の削減や身を切る改革もするつもりだ。
勿論、これは会社を健全な状態で継続し雇用を維持する為にすることだ。
私がいなくても10年後に繁盛し続けている金子不動産が頭に描けるようになりつつある。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.