不動産コラム

耐震基準についての基礎知識:耐震と制震、免震の違い

似たような言葉でわかりにくい、耐震、免震、制震ですが、それぞれ住宅と深くかかわりがあるので覚えておいて損はありません。

まず、耐震というのは、揺れに対して建物そのもので耐えるように設計された建物の構造のことを主に表し、代表的なのは筋交い(柱と柱の間に斜めにつける部材)です。
斜めに付けることで、水平方向や垂直方向の揺れだけではなく、建物のねじれに対しても補強ができます。
筋交いではなく面で補強する方法もあり、パネルを壁に設置するなどして壁の補強を行います。

免震というのは、揺れを直接建物に伝えないために、建物と基礎の間に免震装置を設け、揺れを打ち消すように免震装置を働かせる方法です。
ちょうどバランスを取っているような感じで、建物は地面と切り離され地面からの揺れを直接受けないので、揺れはかなり軽減されます。

制震は、建物の構造上重要な柱や壁など重要な部分に、ダンパーと呼ばれる制震装置を付け、このダンパーの変形によって揺れを吸収し、建物全体としての揺れを少なくするものです。
制震の場合には、高い階ほど揺れる特性に対して効果があり、制震装置は高所に取り付けられることが多くあります。

揺れを吸収するための免震と制震に対して、揺れに耐える(つまり揺れる)構造にする耐震では、根本的な考え方が違います。
耐震設計は建築基準でもあるので必ず盛り込まれますが、コストの掛かる免震と制震については一般向けの戸建住宅では導入が難しい側面があります。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.