不動産コラム

耐震基準についての基礎知識:耐震基準の歴史を知ろう

耐震基準を定めている建築基準法と建築基準法施行令は、過去に数度の改正が行われています。
これは、当時甚大な被害を与えた大地震によって、耐震基準の甘さが見直されたもので、その時代を表す結果となっています。

1950年に制定された建築基準法によって、耐震基準による建物の設計が義務付けられ、それまでの市街地建築物法における耐震規定よりも更に強度の高い基準で運用されています。
しかし、1968年に発生した十勝沖地震により、鉄筋コンクリート造の建物で倒壊被害が多く見られ、新しい基準の制定が必要となったのです。

そこで、1971年に建築基準法施行令が改正され、鉄筋コンクリート柱の帯筋強化(縦の鉄筋を束ねる横方向の鉄筋でせん断補強)、木造建築物の基礎についての規定が行われます。
それでもなお大地震は続き、1978年の宮城沖地震での被害を踏まえ大幅に改正が行われました。

1981年に改正された建築基準法では新たな規定が設けられ、それまでの耐震基準は「旧基準」、1981年からの基準を「新基準」と呼ばれています。
根本的に耐震設計が見直され、現在の耐震基準の基礎となっています。

この新基準で建てられた建物については、旧基準で建てられた建物よりも耐震性が増しており、後の阪神淡路大震災において倒壊率に差が出たことから、明らかに耐震効果が見られた改正だったと言えるでしょう。
また、旧基準にあたる1971年の鉄筋コンクリート柱に対する改正も、倒壊を防ぐ効果があったと言われています。

その後も2000年に改正を経て現在の耐震基準になっています。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.