不動産コラム

耐震基準についての基礎知識:耐震等級について

耐震等級というのは1から3の3段階に分かれており、建物の地震に対する倒壊・崩壊、または損傷への強さを表す指標となる数値です。
「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」に基づく住宅性能表示制度によって、住宅性能評価・表示協会が評価しています。

耐震等級の1というのは、建築基準法において想定している地震に耐えうることを示し、即ち現行の建築基準法基準となる値です。

・数十年に一度程度発生する地震(震度5強相当)で損傷に耐える
・数百年に一度程度発生する地震(震度6強相当から震度7)で倒壊・崩壊に耐える

耐震等級1では上記の耐震力を必要とし、耐震等級1から順に、耐震等級2では耐震等級1の1.25倍、耐震等級3では耐震等級1の1.5倍の耐震力が必要とされています。
簡単に言えば、耐震等級が高いほど倒壊しにくく、必然的に損傷もしにくい住宅ということになります。

耐震等級の高い建物は、揺れが建物に伝わっても崩れないという事を意味しますが、中なら安全というわけではなく中にいる人はそれだけの揺れを受けて危険は当然あります。
耐震等級を高くすれば建築コストも掛かりますので、耐震等級をいくつにするのか、耐震なのか免震・制震を選ぶかというのも良く考えてみる必要がありそうです。

なお、評価機関に申し込みをするためには、単に申請書を出すだけではなく、図面等が必要になっていきますので、工務店など住宅を建てるときに依頼する会社を通じて行うのが良いでしょう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.