不動産コラム

耐震基準についての基礎知識:Is値とは?

Is値というのは構造耐震指標と言って、建築基準法における耐震基準の旧基準(1981年以前)が適用されている建物において、建築物の強さを表すのに利用される数値です。

現行の耐震基準においては、保有水平耐力と呼ばれる、地震によって水平方向に揺らされる力に対しての強さについて検討を規定しています。
ところが、旧基準で建てられた建物については、建築基準が異なるために同じように評価をすることができません。
そこで評価に使われるのがIs値で各階に対して求められる値であり、Is値の計算には以下のような建物についての色々な側面が考慮されます。

・保有性能基本指標:建物の強度と粘り強さを表す指標から計算される、基本的な耐震性能を表す指標
・形状指標:建物の形状から判断され、耐震壁の配置なども考慮
・経年指標:建物の経年劣化を考慮

この3つの指標を掛け合わせて計算され、Is値の値によって耐震性能は以下の通りに分類されます。

・Is値が0.3未満:震度6から7程度の地震に対し倒壊・崩壊の危険性が高い
・Is値が0.3以上0.6未満:震度6から7程度の地震に対し倒壊・崩壊の危険性がある
・Is値が0.6以上:震度6から7程度の地震に対し倒壊・崩壊の危険性が低い

つまり、建物の強度が弱い、形状としてバランスが悪い、経年劣化が激しい状態の建物ほどIs値が低くなり、耐震性能が低いということです。
Is値は耐震診断を依頼することによって、調査が行われ求められます。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.