不動産コラム

耐震性を決める3大要素:施工状況

施行が耐震性に影響するとしたら、ズバリ手抜き又はミスということになります。
なぜなら、本来の設計仕様通りの施行ならば、建築基準に基づいているので耐震性には不安は無いはずだからです。

ところが施工においては、建築の素人である依頼主が現場にいて、実際にその作業を目の前で見ても全くわからないのがほとんどでしょう。
そのくらい、建築というのは専門分野で、1つ1つの作業が何をやっているのかすら、説明してもらわないと正しく理解できないはずです。

そうなってくると、耐震性にとって大切な施工について、判断する基準が全くありませんよね。
外装や内装の目につく箇所に施行不備があれば、指摘もできますが、基礎や床下・天井裏といった見えない部分については手抜きやミスがあってもわからないままです。

結局のところ、どのくらい施工会社を信用できるかという点になってきますが、感情論でもあり適切ではない可能性が高いです。
そこで、建築住宅性能評価をしてもらうことや、耐震診断をしてもらうというのも1つの手段として考えられます。

住宅性能表示制度による建築住宅性能評価は、予め設計住宅性能評価が必要ですが、評価員が申請者に代わって工事現場を検査し、設計住宅性能評価に基づく施行が行われているかチェックしてくれます。
そして、改善が必要なら指摘もしてくれるので、知識の無い建築主の目とは比べ物にならない水準でのチェックになります。

耐震診断についても、施工前に予定していた性能と同等の診断がされなければ意味がありませんから、判断材料にはなるでしょう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.