不動産コラム

自動車のライトはオートが義務化

自動車のライトはオートが義務化
ネットの記事によると・・・

[[[[  国土交通省は、
暗くなると車のヘッドライトが自動で点灯する「オートライト」の搭載を、
2020年4月以降に売り出される新型車からメーカーに義務づけることを決めた。
日没前後の「薄暮」の時間帯に多発する高齢の歩行者らの事故を減らす狙い。
10月に、道路運送車両法に基づく車の保安基準を改正する方針だ。
オートライトは、車に搭載されたセンサーが明るさを感知し、
自動で点灯、消灯をするもの。
日本自動車連盟(JAF)の調査によると、
国内ではすでに約3割(14年8月時点)の車にオートライトが搭載されている。
ただこれらはドライバーが手動で点灯・消灯を選択もできる。
新基準では、昼間や停車中は手動で点灯・消灯できるが、
夜間走行中は強制的に自動点灯され、自分で消すことはできなくなる。
これにより、暗くて視界が悪くなっているのに、
ドライバーが「まだよく見える」と思い込み、
点灯が遅れて事故につながるのを防ぐ狙いがある。
国交省は、晴天の日の日没15分ほど前の明るさにあたる1千ルクス未満になると、
2秒以内に点灯するように義務づける方針。
国際的にも安全運転に十分な明るさとされる7千ルクスを超えたら、
5分以内に消灯する。
1千~7千ルクスで点灯するかどうかはメーカー各社の判断に任せるという。
詳細は10月に改正する車の保安基準で規定する方針だ。 ]]]]

自動車のオートライト機能は
随分と昔からある程度のクラス以上の車には当たり前についていた。
最近はLEDの普及によりスモールランプを点灯したままで走っている車が多い。
これは殆どがオートライト機能をオンにしている車だ。
このLEDのスモールランプが、”結構格好が良い”と点けている人も多いが、
現実にはちょっとした曇天や雨模様、
暗いパーキングへの出入り時には視認性がアップして事故を未然に防げる。
昔からバイクがライトを点けながら走行しているのも、
恐らく対向車からの視認性アップの為だろう。
不動産業の営業には下調べも案内も車の運転は不可欠だ。
運転手の注意義務は勿論のことだが、
万一の事故を防ぐ為には車の安全機能の充実が有り難い。
次の営業車入れ替えの時には進化し続ける安全機能を可能な限り装備したい。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.