不動産コラム

若い頃は周りと比較したり競うことに元気の源があった

孔子の「論語」の中にあるのだが、
子の曰く、吾れ
十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順がう。
七十にして心の欲する所に従って矩を踰えず。

若い頃は周りと比較したり競うことに元気の源があったように思う。
しかし、50歳になったころからだろうか、
競争して何かの1番を目指すより
安定と地力の確立が最も重要な目標になり、
様々な望みや目標に対し目指すものの見え方が全く違ってきた。
殆どの場合、
人間は年齢と経験を積み上げることによって変化していくものだ。
それが成長となる人と、
その逆の変化になる人がいることは様々な人の人生を見れば分かる。
生まれ育った時代にもよるのだろうけれど、
人生それぞれだが同じように生まれ育っても、
その差があまりにも大きく激しいと納得のいかないことも多いだろう。
昔、日本がバブルだった頃、
周りの経営者は競うように高級車を購入し、
必要以上の大きく贅をつくした家を建て、
誰も彼もが高級な服やバッグやアクセサリーを競うように買った。
それは思い返せばまるで今の中国人のようだった。
若かった私も決して例外ではなかったのは言うまでもない。
人間の欲望は周りや他人と比べることがすべての始まりのようだ。
それは年齢や育った環境に関わらず概ね誰にでも始まる。
誰かが買えば同じものが欲しい。
持ってないのは自分だけのような気になる。
みんなと同じ物を持っていないと不安になってしまう。
バブルでもないのに今でも
「八畳間にそんな大きなの必要ないんじゃない?」
と、思えるような50インチを超える大型のテレビが売れる。
いつの時代も人間は何しろ他人と比べるのが大好きだ。
それはそうだろう、
小さな頃から入園・入学で周りと比べたり競うことを強いられ、
誰もが周りや他人と比べられ、
競わなくてはならないと脳に刷り込まれてしまうのだから。
それでも、もし大自然の中で一人っきりで生きているならば
誰も比較する相手がいないんだから、
自分が幸せだろうと不幸せだろうと、
満たされていようと飢えていようと、
誰と比較することもなく重要なのは、
”自分が生きられるかどうか”というだけのことだが、
これが現代の人間社会の中ではそうはいかない。
美人だ、
不細工だから始まって、
背が高い、背が低い。
イケメン、キモイ。
太っている、痩せている。
スタイルがいい、スタイルが悪い。
頭がいい、頭が悪い。
金持ちだ、貧乏だ。
働き者だ、怠け者だ。
運がいい、運が悪い。
こんな比較から始まって
結局あらゆる比較が人の不満を呼び起こし人によっては犯罪にまでつながっていく。
しかし比較することが欲望につながり、
欲望が科学の進歩にもつながったことも確かだ。
人間にとって科学の進歩が結局は良かったのか悪かったのかは難しすぎる判断だが、
世の中の変化や進歩の中で
人間は良くも悪くも大きく変わってしまったようだ。
しかし、老いて競争心や不要な欲望から解放されると、
殆どの人に本来の人間の発想が出来始めるのかもしれない。
それ以外にはもしかして今では、
人跡未踏のジャングルの秘境で
ほかの人類や文化と全く触れることのない原子生活をしている部族を見る以外に、
本来の人間の自然な思考や、
本来の人間の姿を推し量ることはできないのかもしれない。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.