不動産コラム

若気の至りでした

人間、何十年も生きてくれば
思い出すだけでも顔が赤くなるような体験や、
相手に申し訳なくて顔を合わせることさえも避けたくなる失態や、
「若気の至りでした」
と、ちょっと、
いや、かなり反省してしまう言動や、
どう足掻いてみても取り返しのつかない過ちを犯した経験は
きっと誰にでもあると思います。
この年齢になって見る”悪夢”は
きっとそれが元になって形を変えたり対象を変えたりした現れた後悔の念。
しかし、昔から「後悔先に立たず」と言いますから
人間なら誰にでもあることで仕方がないと考えるしかない。
さて、後悔と言えば、
「立つ鳥跡を濁さず」といいますが、
どんな場合においても
世話になった人に後ろ足で砂をかけるようなことは厳に慎むべきです。
人間は実はいつでも周りの人や組織に助けられて生きている。
つまり本来関わりのある人みんなに恩義があるんです。
「あいつに世話になったことなんかないよ」
「役所や国に世話になったことなんかないよ」
「好きでこんな国に生まれてきたわけじゃない」
「こんな会社いつでも辞めてやる」
「こんな親とは縁を切ってやる」
と言っても、実はそれなしには生活も人生も成り立たないのが現実。
だから、一時的に腹が立ったり、
恨みに思うようなことがあったとしても、
その相手の恨みを買うような別れ方を決してしてはいけないんですね。
特に会社を辞めたり、
実は自分の力不足で首になったりした時も、
当然その理由は双方に言い分があるわけで、
一方的に恨んで仕返しをするようなことをして縁を切った場合、
結局はその軽挙妄動は自分に返ってくるということを考えるべきです。
人生において一番損なことは
自分の選択肢を自らの手で狭めて自滅してしまうこと。
そう考えて自分の生きていく世界を狭めないようにするのは大切なことです。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.