不動産コラム

見切り千両

”見切り千両”と言うが、
何事にも見切り時とか見極めるべき限界とかがあるものだ。
長年経営者をしていると、
いつでもその見極めが命をつなぐ重要な判断となる。
経験の浅い若い経営者に
「その判断の基準が知りたい」と言われても、
ケースバイケースだからこればかりは経験を積むしかない。
事業規模の拡大や新規事業や新店舗の立ち上げなどは、
計画通りにはなかなか行かず撤退や縮小などその判断を要する機会は少なくない。
不動産業ならば物件の仕入れから販売まで、
当初の計画通りに進まなければ損切をしてでも処分する時期の判断は重要だ。
資金に限りがなければ問題はないが、
利益の出ない物件を抱えていれば資金はそこに焦げ付いてしまうし、
次の利益を生む物件が仕入れられない事態も生じてしまう。
思い返してみれば、
「あの時に見切っておいて本当によかった」と、思うものもあれば、
「もう少し粘っていれば流れが変わった」と、悔むこともある。
しかし、それは、
それでもそこでその判断をしたことを決して否定はしない。
何事も「たられば」とか、
「もう一度やり直したい」などは事業では成り立たないからだし、
その判断をした自分を否定してしまっては経営が成り立たないからだ。
”全ては経験”と割り切れば次に進む勇気が出てくる。
長く経営者をやっていれば
一度や二度は致命傷を負うことだってありうる。
それだって生きてさえいればまたゼロかマイナスから始めることが出来る。
問題は立ち直る精神力と胆力があるかどうかだ。
そして胆力は持って生まれたものでもなければ本で学ぶことでもない。
失敗や後悔の繰り返しから苦しみを積み上げ生み出していくものだ。
それぞれに違いがあるとすれば、
全てを無くしたら「死ぬしかない」と考えてしまうか、
「良い経験をしたから同じ失敗は二度としないようにしよう」と、考え、
次の一歩を止めてしまわないかどうかだろう。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.