不動産コラム

設置に必要な費用:太陽光発電の設置費用を回収できる年数

太陽光発電システムは高価な買い物ですが、その一方で売電という回収機能があるために、常に意識されるのは回収までの年数というテーマです。
最も初期費用が掛かる太陽光パネルの寿命を20年と見ると、悪くても20年までには元は取りたいと考えるのが普通ですよね。

家庭用の太陽光発電システムで初期費用を回収できる年数は、太陽光パネルの耐用年数よりも短く、早くて10年から15年程度と考えられています。

平成25年度で、補助金を受けられる上限の1キロワット(1kW)あたり50万円を仮に初期費用としてみましょう。
4kW出力のシステムでは設置費用に200万円掛かり、補助金が国から6万円交付されるので194万円です。

太陽光発電で作られる電気は、1kWあたり年間に1000kWh程度、4kWなら4000kWhというのが1つの目安です。
2012年7月1日からスタートした固定価格買取制度(全量買取制度)により、発電した全ての電力は買い取られることになっているため、そのまま売電単価を掛けて計算できます。
平成25年度に導入した場合、売電単価は10年間38円と決められているので、年間に15万2000円が売電収入となります。

194万円を取り戻すのに、年間15万2000円では12年半くらい掛かる計算です。
実際には、初期費用は200万円まで掛からず、他の補助金の存在を考えれば10年に近づくのですが、11年目からの売電単価とメンテナンス費用を考えると楽観視は禁物です。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.