不動産コラム

販売図面と登記簿面積

販売図面にも登記簿にも物件の面積が記載されていますが、この面積に違いがあるのをご存知でしょうか?
面積が違うのはマンションの場合で、販売図面よりも登記簿上の面積は狭くなっています。

2つの面積の違いは計測方法の違いで、1つは壁の中心から測る壁芯(壁心)面積、もう1つは壁の内側で測る内法面積と呼ばれます。
当然、壁の内側を測る内法面積は壁芯面積よりも狭く、販売図面には壁芯面積が、登記簿には内法面積がそれぞれ記載されています。

なぜ2つの計測方法があるのかというと、マンションの場合には専有部分と共用部分があるからに他なりません。

登記簿に記載の面積は、所有者の権利がその面積に及ぶことを示しています。
つまり、所有者は壁の内側のみに所有権があり、壁は共用部分として考えられています。
従って、マンションを購入したからといっても、隣の部屋との境である壁を自分の好きなように加工はできませんよね。

逆に、建築基準法上の床面積とは壁芯面積で、実際に建てられていない状態では、図面上の壁芯面積で建築申請する必要があります。
また、販売図面はマンションの完成前に作成され、そして各部屋はマンションの完成前から売られていくのが通常です。

こういった事情があり、マンションの販売図面には壁芯面積で表記されているのが不動産業界の標準となっています。

購入者が注意するべきなのは、登記時の登録免許税や住宅ローン減税制度の要件が、専有部分である内法面積について50㎡以上とされている点です。
販売図面で50㎡の物件では、専有部分は確実に50㎡を下回るため、専有部分がどのくらいあるか必ず確認しておかなければなりません。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.