不動産コラム

”貯蓄のできない人”に関して面白い記事

”貯蓄のできない人”に関して面白い記事があったので、
内容を抜粋しながら書かせてもらう。
金融広報中央委員会が11月5日に発表した調査結果によれば、
金融資産がゼロという世帯が全体の30.9%を占めることが明らかになったそうだ。
(一般的には金融資産とは不動産つまり土地や建物などを除いたものを言う)
しかもそれはこの10年で増加傾向にあり昨年から比べても0.5ポイント増加した。
つまり日本は全体の約3割に当たる世帯が、
恐ろしいことにいざという時にまとまったおカネがない状態だというのだ。
統計上では金融資産を保有している世帯の平均額は1819万円にも上るのだが、
金融資産保有額を1000万円単位で区切ってみると、
貯金ゼロと1000万円未満の世帯にその約7割が集中しているということらしい。
つまり現実は一部の超富裕層に全体平均が引き上げられているだけなのだ。
さて、そこで”貯蓄のできない人”についての本題に入るのだが、
貯蓄をできない人の考え方は”ダイエットをする人の心理”に似ていると言う。
貯蓄できない人に限って、いざ貯蓄をするとなるといきなり高い目標を立ててしまう。
今までまったく貯めたことがないのに、
「今年は100万円貯める!」などと意気込んでも、なかなか達成できるものではない。
これはダイエットをしたことがない人が、
いきなり「1カ月で10kgの減量を目指す」という目標を立てて動き始めるのと同じだと言うのだ。
ネットや書籍で氾濫する情報に翻弄され、
ダイエットに効くと言われる方法を試しまくり、
目先は体重が減ってもすぐにリバウンドしてしまったりするように、
貯蓄でも無理は禁物であるということのようだ。
例えば月1万円でも長い目で見れば年間12万円、10年で120万円になる。
安い軽自動車1台なら買える金額だ。
これは、「千里の道も一歩から」という単純な話にとどまらない。
もし決めても月1万円レベルの貯蓄さえも怠るならば、
結局、貯まらない要因を二重、三重に複雑化させていくことになるというのだ。
しかしもし逆に月1万円でも確実に貯められるようになれば、
その1万円を除いてもきっと以前とそう差のない生活を維持できるようになる。
そしてその生活が当たり前になると、
次は家計の別のところにムダがないかを探せるような考え方ができるようになり、
さらにもう1万円、2万円と貯蓄に回す工夫ができるようになるかもしれないというのだ。
実に理路整然とした正しい貯蓄の教えである。
稼ぐ努力と、倹約する工夫。
そして貯蓄を怠らない折れない心が維持できれば必ず貯蓄は増えていくものだ。
因みに私も若い頃から毎年一定の額を貯蓄することを長年続けているが、
正に”塵も積もれば山となる”の教えは決して間違ってはいない。
蛇足だが、私は最近ダイエットを考えている。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.