不動産コラム

超高断熱住宅がこれからは東京でも必要になる

最近は住宅の断熱材が進化している。
テレビでやっていたリフォームで初めて目にしたのはいつだったろうか、
それは吹き付けて発砲させる硬質ウレタンフォームの断熱材だ。
発砲ではないが隅々まで吹き込むセルローズファイバーというのもある。
どんな隙間も完璧に埋めてしまうこれらの断熱材は、
まさに住宅を魔法瓶にしてしまうイメージだ。
日本の住宅は大概の場合断熱材がびっしりと入ってはいない。
昔から日本の大工さんは
断熱材を詰める時に隙隙でもへっちゃらな場合が多いからだ。
関東では断熱材に対する意識が低いのだ。
それに比べて輸入住宅のツーバイフォーやツーバイシックスの壁には
厚い断熱材が押し込まれているようにビッシリと入っている。
その差は歴然だ。
私はスウェーデンの輸入住宅や
国内メーカーのツーバイフォー住宅を建てて住んだ経験があるから、
その建築過程での違いや差はよく見て知っている。
しかし最近は日本でも省エネ意識が強くなり、
在来工法の住宅でも断熱材に気を使うようになった。
特にリフォームの時の断熱材には様々な選択肢がある。
性能が高くなればなるほど費用も嵩むが、
長く住むことを考えればその価値は十分にある。
一昨年まで通っていた北海道で買って住んでいた家は、
北海道仕様の超高断熱住宅だった。
灯油のセントラルヒーティングで
外がマイナス10度でも家の中はポッカポカ。
北海道では凍って開閉ができなくなることがあるので
あまり住宅にはシャッターを付けない。
それでも高性能の断熱二重ガラスサッシが威力を発揮するから大丈夫だ。
最近は国産の樹脂サッシで三重ガラスの超高断熱サッシまであるから、
輸入の木製二重ガラス・三重ガラスサッシに拘る必要もなくなった。
そこまで拘れば一度温まると室内温度は下がりにくい超高断熱仕様だ。
私のように真冬に長期間留守をしても、
普通は凍ってしまうトイレなどの凍結防止も楽だった。
日本のメーカーもそんな技術を既に持っているのだ。
北海道では当たり前の超高断熱住宅がこれからは東京でも必要になる。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.