不動産コラム

離婚時に住宅ローンが残っている場合は?

離婚時に住宅ローンが残っている場合、基本的にローン名義=住宅の名義となりますから、夫婦どちらの名義になっているかによって大きく変わってきます。
まず、住宅を残さず売却して清算する場合の考え方は簡単でしょう。損益については金銭として明確に表れるので分割すれば事足ります。

一方だけの名義である場合には、どちらの名義であっても、家に残る方が財産として住宅を受け取ることになりますので、住宅の価値からローン残債を引いた分が、財産分与の対象です。
例えば、ローン残債を引いても1000万円の価値が住宅にあるとして、財産分与が2分の1なら、半分の500万円を出ていく方に支払うか、対価となる別の財産を渡すなどします。

両方の名義である場合が一番面倒で、住宅は分割ができないので、片方だけの名義にして他の財産で清算ということを誰でも考えるでしょう。

しかし、ローンの名義変更、住宅の名義変更とも金融機関の承諾が必要で、大抵の場合金融機関はそれを認めません。
なぜなら、借りる時点は夫婦の合算、もしくはそれぞれの収入に応じた融資がされているのであって、一人ひとりなら全く融資額が変わってくるからです。
どちらか一方が連帯債務者である場合も同様で、連帯債務であるからこそ融資されており、連帯債務を外れて片方だけの債務とすることはまず認められません。

こうした都合があるため、どうしても片方の名義にしたければ、借り換えローンによって元のローンを完済してから片方が引き受けるという方法が良く使われます。
その場合であっても、住宅ローンの残債が多ければ、どちらか一人で借りられる限度を超えてしまうなど簡単に済む訳ではありません。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.