不動産コラム

食料資源はどれも不足し食料問題は拡大する一方の世界

世界中で人口が増え、
あらゆる食料資源はどれも不足しつつある。
食料問題は拡大する一方の世界。
温暖化が原因とされる異常気象は既に常態化しつつあり、
毎年のようにどこかの農業や畜産業はその変化に大きな影響を受けている。
さらに世界の魚の資源枯渇は急激に進み、
資源保護問題はこれからますます広がっていく傾向にある。
マグロ・うなぎ・サンマ・サケ・イワシ・・・
どの魚も広い海で育ちその海を大きく移動する。
マグロは稚魚や幼魚の保護が課題だと話題になるが、
これはうなぎ・サンマも同じこと。
特に日本では稚魚をたくさん獲ってしまうのがイワシ。
イワシは海の食物連鎖の最底辺の最も重要な存在だ。
イワシの稚魚をシラスやジャコと呼んで食べる習慣が昔からある日本では、
足下からすべてを見直す時期に来ているのかもしれない。
いっそのことイワシの稚魚を原料とする食材を、
苦しいだろうけれどみんなで一年おきくらいに我慢すればいい。
魚が減るのは獲り過ぎてしまうからと言うのは誰もが納得がいく原因なのだ。
日本は長年漁業大国として知られてきたが、
時代は変わり大量の魚を獲るのは日本だけではなくなった。
ここまで来ると日本を筆頭に世界中の漁業関係者が自制するしかない。
変な話だが、
原発事故以降漁師が魚を獲らなくなった福島・茨城沖の海では、
それ以前からと比べても大幅に様々な魚が増えているそうだ。
漁師は獲っても売ることができないから獲らないが、
一般人が自分で釣って食べるのには問題がないらしく、
遊漁船に乗って海に出て毎回大漁の釣りをしてくる釣り人たちがいるらしい。
食物連鎖があることからして、
復活する魚は近海の小から大・・・
イワシ・アジ・サバから始まりソイ・ヒラメ・ブリ・タラに及び、
その種類は年々広がっていくことだろう。
つまり、3年も魚を獲るのを我慢すれば魚は自然に増えると言うことなのだ。
昔から、日本の漁業は魚を根こそぎ獲ってしまうやり方で稼いできた。
それこそ稚魚でも幼魚でもお構いなしだ。
最も好ましくないと思われるのが、
何もかも海の底に存在するものを根こそぎ奪ってしまう底引き網等の漁だ。
結局は自分で自分の首を絞めるようなこの所業はいい加減改めるべきだろう。
何と言っても海はみんなのものであって、
限られた漁業関係者の所有物ではないのだ。
目先の利益だけを追わず、
世界各国がそれぞれ一定期間の禁漁を地域ごとに実行したりすれば、
海と魚は必ず復活するものなのだ。
その点日本は恥ずかしながら決して漁業先進国とは言えない状況にある。
確かにそれぞれに事情はあるだろうが、
それを知恵と理性で乗り越えていくのが文明人のやることだろう。
それに目覚めた一部の関係者たちは海の復活に知恵を使い始めているようだし、
養殖技術だって日本は圧倒的な先進国だ。
それでもまだ残っている悪習が日本の漁業を貶めていると言えるようだ。
昔からある利権やそれを守る地方や国の議員たちの悪行がそれを守っている。
今の日本の漁業は中国や韓国の漁業を非難することなどできないのだ。

※当コラムはあくまで個人的な見解に基づくものであり、内容についてはご利用者様自身の責任においてご判断ください。

カテゴリー一覧へ

当社各サイトのご案内

売買専用サイト

売りたい方はこちら

売買専用サイト

買いたい方はこちら

賃貸専用サイト

借りたい方はこちら

賃貸専用サイト

いきなりマップ!月極駐車場はこちら

お客様の声

お客様の声・売買版

お客様の声はこちら

BLOG

社長日記

社長ブログはこちら

売買のon-lineブログ

売買のon-lineブログはこちら

賃貸スタッフブログ

賃貸スタッフブログはこちら

店舗案内

  • 金子不動産株式会社
  • 東京都八王子めじろ台1-9-1
  • TEL: 042-665-2100
  • FAX: 042-664-4400
  • 営業時間: 9:00~18:30
  • 定休日: 毎週水曜日

スタッフ写真

お客様用駐車場をご用意しております!

会社概要・地図

このページの先頭に戻る

メールでのお問合せはこちら

Copyright © センチュリー21金子不動産. All Rights Reserved.